奈良中央信用金庫について

経営目標

当金庫は、平成30年度より始まる第10次3か年計画『ちゅうしんサポート力深化×進化しんか2018』(計画期間:2018年4月~2021年3月)を策定いたしました。急速に進みつつある経営環境の変化に果断に対応し、当金庫が持続可能なビジネスモデルを構築し、地域創生の中心的な役割・機能を発揮することによって、地域における存在感を一層高め、地域の持続的発展に貢献していきたいと考えております。そして、何かあれば、まず「ちゅうしん」とお客様から言っていただけますよう、信用金庫としての役割の原点に立ち返り、地域から選ばれる信用金庫として真摯に取り組んでまいります。

ちゅうしんサポート力深化×進化しんか2018

(3つの基本戦略)

1.支援力・営業力の深化×進化 ~地域・お客様の支援に関する戦略~

好循環を生み出す持続可能な地域社会の実現に向けて、『独自性・特性や強み』を活かした取組みを"深化×進化"させ、価値ある課題解決策の提案と円滑な資金供給を通じ、必要不可欠な金融機関として、より一層存在感を高めてまいります。

2.経営力・内部態勢の深化×進化 ~金庫経営に関する戦略~

地元第一・お客様第一の経営を実践するための強固な経営基盤の構築に向けて、収益性、生産性・効率性、健全性等の向上に資する取組みを"深化×進化"させ、安心できる金融機関として、より一層信頼度を高めてまいります。

3.人材力・組織力の深化×進化 ~人材・職場環境に関する戦略~

全ての人材が輝くための組織づくりに向けて、地域やお客様の課題解決を担う人材の育成や働き方改革・仕事改革等に向けた取組みを"深化×進化"させ、相談しやすい金融機関として、より一層好感度を高めてまいります。