奈良中央信用金庫について

経営目標

当金庫は、平成27年度より始まった新たな第9次3ヵ年計画『ちゅうしんサポート力強化2015』を策定いたしました。本計画の理念は、「地元を知り尽くした地域のベストパートナーとして、多様な顧客サポート力を強化して、地域内における存在感・信頼感の向上に、果敢に取り組む。」となっております。
当金庫としては、あらゆる経営資源を駆使して、地域の皆さまや中小企業の方々、地方公共団体や地域関係機関等とも連携をさらに強化し、ともに課題解決に努め、地域社会の持続的な発展に貢献していきたいと考えております。そして、何かあれば、まず「ちゅうしん」とお客様から言っていただけますよう、信用金庫としての役割の原点に立ち返り、地域から選ばれる信用金庫として真摯に取り組んでまいります。

ちゅうしんサポート力強化2015

(基本方針)

1.支援力・営業基盤の強化

地域金融機関としての独自性・特性を活かした取組みを通じて、主体的にあるいは、地域との連携を深めながら、地域内の様様な課題を解決していくことにより、頼れる金融機関として、存在感を高めてまいります。

2.経営力・内部管理態勢の強化

経営の透明性の向上、経営の健全性の確保、内部管理態勢の強化等を図っていくことにより、安心できる金融機関として、信頼度を高めてまいります。

3.組織力・人材力の強化

地域金融機関としての経営理念や経営方針等のもと、意欲と情熱を持って地域や中小企業の課題解決に取り組む人材の育成を図るほか、活き活きと働くことができる組織風土を醸成していくことにより、相談しやすい金融機関として、好感度を高めてまいります。