奈良中央信用金庫について

沿革

昭和23年 8月 産業組合法による田原本町信用組合を設立
廣川太郎 組合長に就任
28年 4月 信用金庫法に基づき田原本信用金庫に改組
37年 11月 王寺支店を開設
46年 11月 預金量100億円達成
47年 4月 香芝支店を開設
48年 8月 共同事務センターのオンラインに加入
49年 12月 日本銀行と当座勘定取引開始
50年 6月 法隆寺支店を開設
53年 11月 名称を奈良中央信用金庫に改め、同時に新本店を現在地に移転
旧本店を魚町支店に改める
55年 3月 結崎支店を開設
55年 3月 預金量500億円達成
56年 11月 南奈良支店を開設
57年 5月 会長制導入、廣川太郎 会長に就任
中嶌實男 理事長に就任
58年 9月 千代出張所を開設
58年 12月 平群支店を開設
60年 10月 高田支店を開設
61年 3月 預金量1,000億円達成
63年 7月 「ならちゅうしん経営研究会」設立
平成元年 5月 畠田支店を開設
2年 6月 二上支店を開設
3年 6月 「ちゅうしんビジネスクラブ」発足
3年 10月 ますが支店を開設
7年 11月 新庄支店を開設
8年 12月 預金量2,000億円達成
10年 7月 千代出張所を機械化店舗に変更
12年 6月 三郷支店を開設
13年 4月 「なら・ちゅうしん基金」及び「ならちゅうしんボランティアクラブ」設立
14年 10月 魚町支店を本店営業部の出張所に変更
14年 11月 本店営業部新町出張所を開設
16年 6月 中嶌實男が会長に、今井俊行が理事長に就任
17年 3月 預金量3,000億円達成
18年 9月 魚町出張所を機械化店舗に変更
19年 6月 鈴木幸兵 理事長に就任
20年 8月 創業60周年を迎える
21年 4月 橿原支店を開設
21年 12月 預金量4,000億円達成
22年 10月 二上支店の新築移転
23年 6月 高田知彦 理事長に就任
27年 3月 平群支店の新築移転
28年 6月 ますが支店の新築移転