• HOME
  • かりる
  • 無担保住宅ローン(しんきん保証基金保証)

かりる

無担保住宅ローン(しんきん保証基金保証)

example

住宅の購入やリフォーム、住宅ローンの借り換え、空き家の解体費用等に"無担保"でご利用いただけるローンです。無担保なのでお手軽にご利用いただけます。

特長

  • point1

    無担保で最高1000万円までご融資可能!

  • point2

    最長20年までご融資可能!

  • point3

    当金庫とのお取引の状況により金利を優遇!

register

商品詳細

商品名無担保住宅ローン
ご利用いただける方 次の①~⑤の条件を全て満たす方
  • ①お申込時の年齢が満20歳以上満70歳未満、完済時満80歳未満の方
    • ※3大疾病保障特約付団体信用生命保険、団体信用就業不能保障保険加入をご希望される場合は、満20歳以上満51歳未満、完済時満75歳未満の方
  • ②当金庫の地区内に住所または居所を有する方、または地区内の事業所に勤務されている方
  • ③安定継続した収入がある方
  • ④団体信用生命保険に加入可能な方
  • ⑤保証会社(一般社団法人 しんきん保証基金)の保証が受けられる方
お使いみち

    お申込人が居住(居住予定を含む)し、お申込人もしくはそのご家族(配偶者、親、子、孫、兄弟)が所有している自宅、またはそのご家族が居住(居住予定を含む)し、お申込人が所有している自宅にかかる次の資金

  • ①不動産の購入資金、新築資金、建て替え資金、リフォーム(増改築・修繕)資金およびそれに伴う諸費用
    • ※上記①に付随して必要となるインテリアや家電購入資金も可(ただし、①と合わせた申込みで100万円以内)
    •   
    • ※土地のみの購入資金は、隣地購入、底地購入を対象とする。
    •   
    • ※上記①にかかる住宅ローンの不足資金は対象外
  • ②お申込人が①を使途として当金庫を含む金融機関・信販会社(消費者金融は除く)から借り入れたローン(無担保)の借換資金および借換に伴う繰上完済にかかる手数料
  • ③お申込人が①を使途として当金庫を含む金融機関から借り入れた住宅ローンまたはそれを借換たもの(借換直前3ヵ月の約定返済で、3営業日以上の履行遅滞が1度もないものに限る)の借換資金および借換に伴う繰上完済にかかる手数料
  • ④空き家解体費用およびそれに伴う諸費用(建物解体後の滅失登記費用等を含む)   
    ※お申込人またはそのご家族が所有する建物が対象です。   
    ※事業専用の建物は対象外となります。
  • ⑤お申込人が④を使途として当金庫を含む金融機関・信販会社(消費者金融 は除く)から借り入れたローン(無担保)の借換資金および借換に伴う繰上完済にかかる手数料

ただし、当金庫から工事契約先等へ振込むことが条件です。振込手数料は お客様負担となります。

ご融資金額 1,000万円以内(1万円単位)
(空き家解体費用およびその借換は500万円以内)
ご融資期間 3ヵ月以上20年以内(1ヵ月単位)
ご融資利率 変動金利 年2.475%(保証料含む)
次のお取引で最大年0.3%優遇
①当金庫に給与振込(1回の振込10万円以上)をご指定の方 申込人本人 0.1%
②当金庫で住宅ローンをご利用の方 世帯 0.1%
③当金庫で5大公共料金の口座振替を3種目以上行っている方 世帯 0.1%
④当金庫で定期積金(契約金額50万円以上)をご契約の方 申込人本人 0.1%
⑤当金庫でカードローンをご契約の方 申込人本人 0.1%
⑥当金庫でしんきんVISA、JCBゴールドカードをご契約の方 申込人本人 0.1%

当初のご融資利率については、当金庫が定める住宅ローン基準金利をもとに決定し、ご融資後は4月1日および10月1日現在の住宅ローン基準金利を基準として年2回見直しを行ない、それぞれ7月、翌年1月返済分から(ボーナス併用払いの場合はボーナス月の翌月から)適用されます。

ご返済方法 毎月元利均等返済とし、ボーナス時増額返済も併用可能です。
(ただし、増額返済の元金はご融資金額の50%以内とします)
必要書類
ご本人確認書類:
運転免許証(取得していない場合は、個人番号カード、パスポートなど当金庫所定の書類)
年収確認書類:
ご融資金額100万円以下…不要
ご融資金額100万円超 …公的所得証明書、源泉徴収票、確定申告書控(税務署・市区町村の文書収受 印のあるもの。インターネット利用による申告の場合は受信通知を添付)等
資金使途確認書類:
売買契約書、見積書、工事請負契約書等
その他:

・資金使途ごとに定める対象物件の全部事項証明書(不動産登記簿謄本)※1.
 ※申込日時点で発行日から3ヵ月以内のもの

【資金使途】 【対象物件】
不動産の購入資金※2.3. 購入するすべての土地・建物
新築資金、建て替え資金 建築する建物の敷地となる土地
リフォーム資金 リフォーム対象となる建物
ローン(無担保)の借換資金 借換対象となる建物
住宅ローンの借換資金 借換対象となるすべての土地・建物

※1.「インターネット登記情報提供サービス」から出力したものも可
※2.隣地購入、底地購入は、購入するすべての土地と自宅建物を徴求
※3.新築マンションは徴求不要

  • ・住宅ローンの借換資金を含む場合は、借換対象の住宅ローンにかかる返済予定表および返済用預金口座通帳
  • ・不動産の購入資金の場合は、売買契約書
  • ・支払済資金の場合は、領収書、通帳等
保証人・担保 保証会社が保証しますので保証人、担保とも原則不要です。
手数料等 ・当金庫所定の手数料が必要となります。
一部繰上返済 5,400円(消費税込)
全額繰上返済 10,800円(消費税込)
条件変更手数料 10,800円(消費税込)

・ご契約時に印紙税をご負担いただきます。

保証料 保証料はご融資利率に含まれています。
団体信用生命保険
    当金庫の指定する団体信用生命保険にご加入いただきます。
    (保険料は当金庫が負担します)
    なお、「3大疾病保障特約付団体信用生命保険」「団体信用就業不能保 障保険」もお取扱いしております。付保される場合にはご融資利率に 年0.3%上乗せさせていただきます。
  • ・「3大疾病保障特約付団体信用生命保険」(3大疾病団信)
    万一の場合の備えとして死亡・所定の高度障害時の保障に加え、3大疾病 (がん、急性心筋こうそく、脳卒中)により所定のお支払事由に該当され た場合、住宅ローン残高相当額の保険金が支払われます。
  • ・「団体信用就業不能保障保険」
    3大疾病団信に上乗せする制度設計で、3大疾病団信の保障内容はそのままに更に保障を充実させた商品となっており、精神障害を除く全傷病が保障対象となります。
事後確認
    ご融資実行後に、対象物件の全部事項証明書等(不動産登記謄本等)にて次のいずれか確認させていただきます。
  • ①不動産の購入資金、新築資金、建て替え資金の場合
    対象物件の所有者がお申込人ご本人またはその同居のご家族であること
  • ②住宅ローンの借換資金の場合
    借換対象住宅ローンの(根)抵当権が抹消されていること
苦情処理措置・
紛争解決措置
当金庫における苦情処理措置・紛争解決措置等の概要はこちらをご確認ください。
金融ADR制度への対応はこちら
その他
  • ・審査の結果、ご希望にお応えできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  • ・ご融資利率、保証料率等は金融情勢により変動する場合があります。
  • ・詳しくは担当者または当金庫の本支店窓口までお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

0744-33-3311

店舗・窓口で直接ご相談の場合

店舗・ATMのご案内